フレンドシップの新型コロナウィルスへの対応とお願い

 

フレンドシップグループの校舎・教室では、新型コロナウイルスの感染予防のため、教室等の換気、清掃を行うとともに手洗いやうがいの励行および、消毒液の設置などを行っております。詳細は下記の項目の通りです。皆様のご理解とご協力をお願いたします。

 

新型コロナウイルスへの感染予防・拡大防止のための方策。

  • 社員・スタッフは、毎日検温し、マスク着用・手洗いを実施し、衛生管理を徹底します。検温の結果、37.5度以上の熱や風邪のような症状があるときは、出勤しません。

  • スタッフが37.5度以上の熱や風邪のような症状がある場合は、休講とします。(代講が可能な場合は、代わりのスタッフを手配します。)

  • 感染防止のため、人と人との間隔を十分確保するため教室の定員調整を行っています。 教室・自習室の窓や扉を定期的に開けて、空気の入れ替えを行います。

  • 教室の扉を開けたままの状態で授業等を行うこともあります。そのため、他の音が聞こえることがありますが、ご了承ください。

  • ドアノブなどの頻繁に人が接触する箇所を定期的に消毒しています。

  • 生徒の中に体調不良の方がいらっしゃった場合、速やかに対応します。

  • White Twitter Icon

©1987 - 2020   Friendship International Ltd.