英語力と日本文化の教養

私たちは、設立当初より、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどの英語圏の国々に 留学を希望する日本の生徒達を、希望する現地の学校にお世話をしている。 だから、留学生諸君 が出発する前に、英語の研修だけではなく、留学する国の民族・文化についても研修を重ねてきた。 また各種の英語資格試験、例えば TOEFL,TOEIC, IELTS, 国連英語、英検への受験指導をしてきた。 この意味で、私たちは英語指導のプロ集団と自負している。 これは、そのプロ集団からのあなた の英語力アップのためのメッセージだ。

海外の学校を訪問すると、地元の生徒達が日本の古典文化の能(のう)や浄瑠璃(じょうるり)や 歌舞伎について、日本人以上に知っているのに驚く。 また、欧米の若者は、アニメ、ジャパニー ズポップ音楽、ファッションなど現代の日本の「若者文化」に Broken 英語で書いたとしても、話 の内容が文化のにおいがすれば、必ず聴いてもらえるし、又読んでもらえる。 だから、この意味 で、あなたが先ずやるべきは、教養(きょうよう)を身に付けること。 その上で、その身に付い た日本の文化の教養を海外の生徒に伝える英語をマスターしよう。

もう一度言おう、先ず教養を身に付けよう。日本の伝統文化についてでなくてもいい。「文系はち ょっと」という人もいるはずだから。そんな人は理系の教養を身に付けよう。 遺伝 Heredity に ついて、クローン clown について、原子力 Nuclear Power について調べよう。 調べた範囲内で、 あなたの意見をまとめよう。最初は日本語で、そして次に英語で。よく書けない人もいるだろう。 でも、書く努力をしよう。 この意味で、君の英語力アップは、日本文化でも理系分野でも、とにかく教養を身に付けることから始まる。

書道