褒められても喜ぶな!

先ずひとつ例を出そう。アメリカに留学しているある高校留学生の話。 

I driven four hours this morning. 」 聞いていた Nativeの先生にはすぐに、間違いと分かった。have を除いてしまって完了形の形になっていない。時の長さを表す前置詞 for を使用していない。でも、担当のNativeの先生は何と応じたか。 「Your English is very good!」と 応じてしまったのだ。 そのNativeの先生の心理はこうだ。「この日本人は日本からアメリカへやってきて、違う生活・習慣・文化の中で英語を使用して苦労している。英語に、多少の間違いがあっても気にしない。わかればよい」とそう考えた。 

 

その結果、「Your English is good!」と応じてしまったのだ。これでは、あなたの英語は、いくら海外に行っても伸びることはない。Nativeが正しい英語に直してくれないのだから。

  • White Twitter Icon

©1987 - 2020   Friendship International Ltd.